HYAKKATEN

“百貨店経営のコツは、5割の広告費と4割の立地と1割の時の運である”
店舗を誘致し、客を誘導して収入を得てナンバーワンオーナーの座を目指す
「HYAKKATEN」の紹介です。

hyakkaten

プレイ時間は60~90分で、中量級と呼ばれる少し重めのゲームに属します。
プレイヤー全員が初めての場合はルールを理解する時間を考えるとほぼ120分。

一度始めてしまえばプレイヤーがやることは定型的なのですぐ慣れますが
先を見据えた戦略を考えなくてはいけないので悩む時間がメインとなります。

かかる時間に対してのプレイ感はそこまで重くないという意見が多め。
見た目でわかる進行状況と運要素も大きさで緩和されている印象。

詳しいルールはpdfが公開されていますのでそちらをご確認ください。
https://drive.google.com/file/d/1a8R8smESNWvGoIRVf-EjyxpMe1_xKJtD/view

本作の最大の魅力は
・コンポーネントの質の高さ
・ゲーム終了時の盤面の見栄え

特に店舗タイルとエスカレータータイルの完成度は圧倒的。
1.2mmくらいの厚さの紙でで作られていてかなりしっかりした感じがあります。
手に取った時の感覚も良く、すごいなーこれという感想。。
製作者にも話を聞いてところ、予想以上の大満足なクオリティとのことです。

実際に触ってみないとわからない部分なので購入者に見せてもらってください。
各地にHYAKKATENが遊べるボードゲームカフェもそこそこあります。
東京だと天岩庵さんとかオススメです(製作者がいることが稀によくあります)

2019年8月末現在、製作者の手元にも在庫がなく各地で売り切れ入手困難。
ゲームマーケット2019春で購入された方が多いはずなので
聞いてみると周囲の誰かが持っている確率は高めです。
ゲームを始めるまでは少し複雑ですが、間違いなく楽しめるゲームです。

最後に。購入者向け情報。
コンポーネントがたくさんあるので収納に工夫をすると便利です。
某100均にあったケースが専用かのようにぴったりでオススメです。

スポンサーリンク