カニの行進~遅すぎた覚醒~

賢いカニとなり危険な場所を避けるように仲間を誘導し導く協力ゲーム。
「カニの行進~遅すぎた覚醒~」を遊びました。

基本的なゲーム性としてはパンデミック。
病原体コマでなくカニなのでカニデミックとでも呼びましょう。
プレイ難易度は非常に高いためクリアは容易ではありません。
次から次へとわいてくるカニをどう誘導するか悩む前に物量に耐えきれない。
どれだけうまく回ったらクリアできるのでしょうか。

自分たちにはクリアは無理でした。

kani01

・5匹のカニが道路or海に落ちないようにする
・3つの産卵場を建設し、それぞれに3匹誘導する
を満たせばクリアとなります。

プレイヤーは自分のカニを移動させつつ
手札に持っている木材を消費して壁や産卵場を作っていきます。

カニはボード上の海岸(左端)に向かって直進しようとするので
壁を建設して方向を変えて橋を渡らせたり誘導していきます。
…が、木材を壁に使うと産卵場を建設する木材不足で悩ましい展開に。
さらに、壁の前に複数のカニが詰まると、壁は壊されてしまいます。

圧倒的物量で迫りくるカニ。
多少賢くなった程度ではどうしようもないラッシュ。
あっさりと飲み込まれてゲームオーバーになります。

kani02

容易にクリアできない難易度ですが、見た目が素晴らしいので盛り上がります。
カニと橋、外箱と相当のこだわりが見えます。
搬入写真や販売ブースも見ましたが、会場を間違えているのではという雰囲気。
ここ、東京ビッグサイトではなく築地かな?といった感じ。

カニを動かしているだけでも楽しいので、難易度の高さは気にせずに
クリアしようと思わず、カニすげーと楽しむのが良いと思います。
ボードゲーム初心者も上級者も関係ありません。
膨大な数のカニの前にだいたい勝ち目はないでしょう。

個人的には大好きで、刺さるタイプのゲームでした。
残念ながら、2回目やろうとは思いませんが。
一発ネタとしては最高。

スポンサーリンク