くるっぽぉジャングル

「キモい」「意味が分からない」と一部で噂の神経衰弱バトルゲーム
「くるっぽぉジャングル」を遊んだ…というか紹介です。

kulupo001

謎の森に潜む生物ポッピルワン
プレイヤーはみんなポッピルワンとなり

世界観がまったくわからない。
というか理解してはいけない領域。
間違いなく作者は狂気に支配されている。
正気度チェックが必要だ。

さて、設定はぶっ飛んでいますがゲームルールは簡単。
説明書に「神経衰弱ファイトバトル!」と書いてある通り
カードをめくって2枚の絵柄を揃えたら「ワザ」が発動。
対戦相手にダメージを与えてライフを0にしたら勝ちです。

「ワザ」には色があるので、自分と同じ色が発動すると自爆します。
なるべく自分の色をめくらないように配置を覚えることが重要です。
絵が特徴的すぎるのに、逆にまったく頭に入らないのが問題です。

鳥ドリル!
kulupo002
そうですね風穴ですね。

ファイナルフォルム!
kulupo003
きゅうきょくのすがた。

運の要素がかなり強いので、ガチ対戦には向いてないゲーム。
プレイ時間の短さを利点として休憩しつつ遊ぶのに最適です。
「鳥ドリル!」「犬パンチ!」など声に出して遊ぶのがオススメ。
オトナの皆様は場にお酒も用意されてるとおくとパーフェクト。

単調で誰かが一方的に勝つようなゲームにも感じますが
展開によってはギリギリの熱い戦いになったりもするので侮れません。

絵柄とか世界観にもしピンと来てしまったら…。
そんな何かを感じてしまった人にオススメです。

しばらく安定した入手経路が無かったのですが
BOOTHに出展されましたので興味がわいた方は↓からどうぞ

https://booth.pm/ja/items/1333768

スポンサーリンク