T.I.M.Eストーリーズ

「T.I.M.Eストーリーズ」の日本語版が発売されたので遊びました。
ネタバレしていると効率の良い動きができてしまうので面白くありません。
基本的に1回しか遊べないタイプのゲームです。

※※※※※※ 内容のネタバレはありません ※※※※※※

1シナリオクリアにかかる時間は3~5時間ほど。
途中状態を保存するような形で片付けられる箱の作りになっていますが
時間を十分にとって一気にプレイしてしまうことをオススメします。
プレイに時間が空くと情報を忘れてしまうので難易度が上がることでしょう。

・1921年 『療養所にて』
本体を購入すると入っているシナリオです。
いきなりぶっ飛んだ舞台設定で「初回からこれ!?」となります。
色々と凄いのでプレイして確認してみてください。
http://hobbyjapan.co.jp/gamelist/t-i-m-e/

1回目は英語版で遊んだため翻訳しながら進めて約7時間かかりました。
2回目は日本語版で復習プレイなので未経験者に大きな判断は委ねたものの、スムーズな進行を見せて3時間ほどでクリア。
3回目は進行役として判断には介入しませんでしたが、これまたスムーズな進行を見せて4時間ほどでクリア。

・1992 『マーシー事件』
1個目の拡張シナリオ。わりと近代。
必要なコンポーネントは本体に全部入っているので拡張パックはカードのみ。
最初のシナリオとはガラっと毛色が変わって楽しい!
http://hobbyjapan.co.jp/gamelist/t-i-m-e-2/

1回目は日本語版で最初のシナリオから連続で遊んでクリアまで4時間ほど。
2回目は進行役として見守りながらクリアまで4時間ほど。
どちらもクリアにはたどりつきましたが、2回目は運と力押しでこれで良かったのかと疑問が残る展開。
推理がなかった。

・異歴7553年 『龍の預言』
2個目の拡張シナリオは「魔法」とか言い出していきなりファンタジー。
なんでも作れる世界設定が「T.I.M.Eストーリーズ」の良いところ。
http://hobbyjapan.co.jp/gamelist/t-i-m-e-3/

連続で遊んでクリアまで4時間ほど。
ほんとうに何でもありなんですねという内容。
ネタバレになるので多くは言えませんが迷宮っぽいところが楽しかったです。

自分が遊んでいるときは「やられた」と思うような展開も
進行役としての参加だと最高に楽しい瞬間になります。

プレイ後は他の友人を誘って遊んでもらうことで数回楽しめるので
コスト的にもオトク感があがります。

どこまで拡張が続くのか知りませんが、次が楽しみです。

スポンサーリンク